京都にしむら畳店 > 京都市の畳店にしむら│トピックス > 2006年7月

« 2006年6月 | メイン | 2006年9月 »

2006年7月26日

畳のカビのご相談が・・・

 長雨の影響か、畳のカビについてのご相談が、例年より多いようです。
昨日だけで3件も、お電話やメールをいただきました。
 今日のように晴れた日は、十分に換気し、お部屋の風通しを良くして下さい。
(夕立には注意して)

<ゆ>

2006年7月24日

畳を干してみよう

 いい天気の休日に思い切って畳を干すと、びっくりするくらい気持ちがいい。
 
 畳を干すという行為が、部屋を片付けて すっきりきれいになった爽快感や、
素足にふれる畳表の気持ち良さ、普段やらないことを「成し遂げた」的な
達成感すら覚える。
 少々大げさだが、それくらいのイベントな訳だ。

 部屋の中に物があふれ返っていると、到底出来ないイベントであり、
いらない物を捨てて、身軽に生活するシンプルな暮らしはとてもいい。

<砂>

2006年7月21日

畳 い草の産地、熊本へ

CIMG115711.jpg熊本の畳い草の産地へ視察に行きました。

CIMG1158.jpg
青々と見事に成長した「畳い草」を収穫します。

CIMG1161.jpg
い草を束にまとめます。

2006年7月18日

先輩の技術

 今日は、雨の降る中、一間半(約2m60㎝) の床の間の畳を引き上げてきました。
その長さにも驚きましたが、それをスラスラと縫っていく一級技能士の <釜>さんにも
驚きました。
 さすがです。
 <石>

2006年7月12日

熊本の生産地へ

 昨日・今日と、社長と畳部の<石>が熊本へ視察に行っております。
生産者の方ともお会いすることが出来たそうで、
話を聞くのが楽しみです。
<優>

なぜ畳が無くなっていくのでしょうか?②

②リフォームの場合
   ひと昔前では、リビング(かつての居間) も和室であり、食事の際も胡坐を組み、また休息を  
  とっていたのが、今ではテーブル・ソファーが主流となり、床材も畳からフローリングへと移行してきました。
   また、ほかの部屋でも布団からベットが主流となり、リビング(居間)同様、和室から洋室への
  リフォームが行われつつあるのが現状です。
  
   しかし・・・「やっぱり畳の部屋がひとつは欲しかった (ゴロンと横になりたい)」
         「和室を残しておけばよかった (フローリングばかりで変化がない)」
  などのご意見も・・・。
   私どもも改めて、もう一度 畳の素晴らしさをお伝えし、家・間取り・用途に合った畳を
  ご提案させて頂きたいと思っています。
   
   現在では、目積・カラー畳・床暖房対応畳・撥水加工(パールトーン)畳表 など、
  まだまだ知られていない商品もあり、必ず喜んで頂ける商品をご提案できると思っています。

営業<倉>

2006年7月11日

なぜ畳が無くなっていくのでしょうか?①

 近年、和室離れが進み、和室から洋室への間取り変更されるプランがよくあり、よく耳にします。
 なぜ和室が無くなって行くのでしょうか?

①新築の場合
   洋風住宅が大半を占め、和風住宅が減少してきている住宅事情。
   洋風住宅での和室は、ほぼ100%に近い割合で一部屋であり、
  独立した和室が無く、リビングとの続きの間として和室が存在し、リビングを広くされたいお客様には
  和室を削り、すべてをフローリングにされる傾向があるとおもわれます。    
<営業:倉>

2006年7月 8日

体調回復

体調を崩してしまい、休んでしまいましたが
しっかりと直したので、また来週から頑張ります。
<安>

2006年7月 5日

香りでリフレッシュ

リフレッシュ効果 バツグン!
新しい 「い草」の香りはいかがですか?
<釜>

2006年7月 4日

縁なし畳

最近は、おもに若い世代に縁(へり)なし畳が人気です
<寺>

2006年7月 3日

負けん気でがんばる

僕は、今年1月に にしむらへ入社し、4月から畳の学校に通っています。
周りはみんな畳屋の息子さんばかり。
これからも、刺激を受けながら負けん気でやっていきたいと思います。
<石>

夏にむかって

夏に向かって、い草の畳表が肌に気持ち良く感じます。
特に、お風呂上りなんかいいですね。
<伯>