京都にしむら畳店 > 畳の豆知識 > 畳の吸音性について

« 「裏返し」について | メイン

畳の吸音性について

畳には保温・断熱に優れていたり燃えにくかったり吸放湿性が高かったりといった特性があることはよく知られていますが、さらに吸音性能も備わっていることはご存知でしょうか。

畳が敷かれている和室に入ると静けさを感じることがあると思いますがこれは和の落ち着いた雰囲気がそうさせているだけでなく畳が雑音を吸収しているからなのです。
畳床の内部にある稲藁の中には大量の空気が含まれており、この空気は畳に弾力性を与えるのみならず余分な雑音を吸収する効果も生み出しています。

このような効果があるため畳が敷かれている和室などでは多少荒っぽく歩いたとしてもその足音は畳に吸収されあまり音が響かず静けさが保たれるのです。


畳の交換や表替えなど畳のことでお悩みの方は京都のにしむら畳店にご相談ください。