京都にしむら畳店 > 畳の豆知識 > 畳の縁を踏んではいけないのはなぜ?

« 畳の敷き方 | メイン | 畳のサイズの違いについて »

畳の縁を踏んではいけないのはなぜ?

日本では昔から襖や障子、引き戸などの敷居とともに畳の縁も踏んではいけないと言われてきました。ではなぜ畳の縁を踏んではいけないと言われるようになったのでしょうか。
それにはいくつか理由があるようです。

まず理由の一つは家やその家に住む人を尊重するため、ということが言われています。
畳の縁には家紋が入れられることが多く、その箇所は家の格式を象徴するものとなっているのです。そのため畳の縁を踏むことはその家に住む人やその家の先祖の顔を踏みつけることと同じでとても失礼なこととと考えられてきたのです。

次に、家を大事に扱うというという気持ちの表れであることも理由の一つと言われています。
畳の縁は高級な畳であればあるほど傷みやすい素材が使われることが多く、踏むことによって傷んでしまいます。そこでなるべく畳の縁は踏まないようにして畳を、ひいてはその家を大事に扱おうという気持ちから畳の縁は踏んではいけないと考えられてきたということです。

さらに、自分の身を守るための心構えという理由もあるようです。
戦国時代などでは忍者が床下などに忍び込み、畳の縁から刀で人を刺すこともあったため、そのような事態から身を守るために畳の縁は踏まず、下に忍んでいる者から刺されないようにするという意味合いがあったということのようです。

以上のように、畳の縁を踏んではいけないというしきたりにはきちんと理由があったのです。

畳の交換や表替えなど畳のことでお悩みの方は京都のにしむら畳店にご相談ください。