京都にしむら畳店 > 畳の豆知識 > 畳の敷き方

« 畳の傷みや汚れが気になる場合 | メイン | 畳の縁を踏んではいけないのはなぜ? »

畳の敷き方

畳の並びについて気にしたことはあるでしょうか。実は畳の敷き方にはいくつかルールがあります。江戸時代のころに決められ今も受け継がれている畳の敷き方が「祝儀敷き」と「不祝儀敷き」と呼ばれる敷き方です。

祝儀敷きは現在でも一般的なの敷き方で、畳を敷いた時に4枚の畳の角が一か所に集まらないような敷き方です。祝儀敷きはその名の通り祝い事などがあった際に行われてきました。

一方、不祝儀敷きは畳を平行に並べる敷き方で、このような並べ方をすると4枚の畳の角が十字に交わり四辻になるので縁起が悪いとされてきました。不祝儀敷きは葬儀などのように不幸があった際の畳の敷き方で、お寺などで行われています。

さらにこれら以外にもルールはあります。
歩きやすくするために部屋の入口に接する場所の畳は入り口に対して平行に敷かなければならないことや、上座になるため床の間の前の畳は床の間と平行にしなければならないことなどです。


畳の交換や表替えなど畳のことでお悩みの方は京都のにしむら畳店にご相談ください。