京都にしむら畳店 > 畳の豆知識 > 畳を作るための工法

« 畳は産地によって異なった特徴があります。 | メイン | 畳の傷みや汚れが気になる場合 »

畳を作るための工法

を1枚完成させるための工法はいくつかあります。完成した畳は全て同じように見えるかもしれませんがそこに至る過程の工法により仕上がりに違いがでてきます。

まず、代表的な工法として板入れ畳があります。板入れ畳は畳の短い辺の側の縁に板が縫い込まれた畳のことをいいます。板を縫い込む理由は、畳表を縫い付ける際、稲藁でできた畳床を反らすことによって引っ張って縫い付けるのですが、そうすることによって框と呼ばれる畳の角に強い力がかかり、しだいに角が丸まってきたり長さが短くなってきたりします。それを防ぐために板を縫い込むのです。

この板入れの作業は熟練の技が必要で時間もかかるのでこの工法で作られた畳はかなり高額なものとなります。
ちなみに板入れ畳は京都府指定伝統工芸品である「京たたみ」を作る際に求められている工法で、畳製作技能士1級の試験内容にもなっています。


畳の交換や表替えなど畳のことでお悩みの方は京都のにしむら畳店にご相談ください。