HOME > 作り方と素材 > い草栽培管理 >

畳ができるまで畳動画畳素材(表・床・縁)畳の施工と替え時作り方と素材カテゴリーHOME

い草 栽培管理

い草は様々な工程を経ることによって畳表として製品化されています。弊社が取り扱う畳表は徹底した管理下で栽培・製織・仕上げを行い、優良農家さんが作られた畳表を取り扱っています。

【畳表が出来るまでの主な流れ】

1)植付の準備・植付

土作り 「堆肥」は肥料的効果があるのはもちろんですが、加えて多くのミネラルを含んでるため、堆肥を施す事によって土が軟らかくなり植物の根が丈夫に育つことにもつながります。堆肥を施し柔らかくなった土中においては微生物の育ちがよく、植物の生育を活発に手助けしてくれます。

↑各農家さんが独自に作られる
「堆肥」(8ヶ月〜1年発酵にかかる)
↑堆肥散布

微生物による発酵が堆肥の中で進み植物にとってよりよい成長を促す成分が生まれています。

7月下旬 8月に予め2次苗(8月苗)として植え付ける圃場を作るために石灰窒素・有機物・塩化カリを投入し攪拌し、良質の苗が育つ環境作りをした圃場を掘り起し植え付け準備を行う。

↑こちらはポット苗の準備

【8月】
圃場に2次苗(8月苗)を植え付ける。

【11月下旬】 
8月に植え付けた畑苗を本田へ移すため健康な苗だけを畑から一株一株苗を掘り起こし、丁寧に一株一株株分けしていきます。

【12月】 
本田の土作りは畑苗の圃場以上に慎重に。地力を維持していくために、元肥の堆肥・菌資材や化成肥料などを投入し圃場作りをし植付けに備えます。

↑機械によるポット苗の植え付け
↑手作業によるい草の苗割り    手作業により圃場への植え付けの様子↑

 

畳の作り方と素材に戻る


畳ができるまで畳動画畳素材(表・床・縁)畳の施工と替え時作り方と素材カテゴリーHOME