京都にしむら畳店 > 畳の作り方と素材 > 畳素材(表・床・縁)

畳ができるまで畳動画畳素材(表・床・縁)畳の施工と替え時作り方と素材カテゴリーHOME

畳の素材 (床・表・縁)

畳表(たたみおもて)

い草い草 JAS一級畳表
JAS一級畳表
肥後産畳表肥後産畳表

畳表は、厳選されたい草を原料に、経糸(たていと)に麻糸や綿糸を使って織られています。い草は約4000本から7000本使われ、本数の多い方が良い畳表となります。また、JASによって厳しく規格が定められているほか、産地毎に検査規格があり、特等から3等まで付けられています。

畳床(たたみとこ)

稲わら畳床わら(稲わら)畳床 畳わらサンドタイプ畳床スタイロ畳床(畳わらサンドタイプ)畳 化学畳床化学畳床

畳床は、畳の芯材にあたる部分で、畳としての機能を左右する大切な骨格です。稲ワラ畳床やスタイロ畳床、化学畳床など選択メニューは豊富でJASの規格もあります。お住まいの立地条件や環境などに応じて最適なものをお選びください。

畳縁(たたみへり)

畳縁の例1畳縁の例1 畳縁の例2畳縁の例2 畳縁の例3畳縁の例3

畳縁は、仏教の伝来とともに入ってきた織物が始まりで、御所、社寺で使用され、階級によって使い分けされていました。地紋を織り込んだ紋縁、模様を織り込んだ柄縁、単色の無地縁など。素材は化学繊維や綿糸やテトロン糸が主流で、高級畳縁として麻糸や絹糸の特殊畳縁もあります。

別縁畳

お持ちの生地、帯地などを加工して畳の縁としてリフォーム。
全くのオリジナル畳として生まれ変わります。

別注品となるため、価格はお問い合わせください。


 

 

 

 

畳ができるまで畳動画畳素材(表・床・縁)畳の施工と替え時作り方と素材カテゴリーHOME