京都のにしむら畳店

畳は、はるか昔から日本において親しまれてきた床材です。これは日本固有の伝統的な文化といえるもので、古代においては「ござ」や「むしろ」として利用されていました。平安時代に入ってからは分厚くなり、サイズが規格化されていくようになりました。とはいえそのころは今でいう床に敷く座布団のような使い方がされており、現在のように、部屋の床一面に敷き詰めるという方式になったのは室町時代以降と考えられています。さらに茶道の発展に伴って広く利用されていくようになったようです。その後江戸時代に入るころには建物における重要な構成要素と考えられるようにまでなりました。

構造については、たたみ床という芯材として用いられる板状のものの表面を、たたみ表というイ草を編み込んで作られた敷物状のもので覆い。その縁にたたみ縁という帯状の布を、たたみ表を固定するために縫い付けるというものです。ちなみにたたみ縁は装飾としての機能も有しています。

現在ではそのサイズが規格化されており、枚数によって部屋の大きさが表現されるほどに重要なものとなっています。西日本のほとんどの地域で使用されているものの大半は京間、本間と呼ばれるもので、そのサイズは955mm×1910mm、面積は約1.824uです。関東地方と東北地方の一部で使用されているものが江戸間、関東間と呼ばれているもので、サイズは880mm×1760mm、面積は約1.5488uです。またアパートやマンションでは団地間、五六間という特別なものが使用されており、その大半はサイズは850mm×1700mm、面積は約1.445uのものです。

敷き方には祝儀敷きと不祝儀敷きという2種類のものがあります。
祝儀敷きは現在ほとんどの場合に使用される敷き方で、敷いた際に4枚のたたみの角が一か所に集中しないようにする敷き方です。
不祝儀敷きはたたみを平行に並べて敷くやり方で、4つの角が一か所に集まるため縁起の悪い敷き方とされてきました。昔は葬式のような儀式などの際に並べ替えを行っていましたが、現在では並べ替えは行われなくなりました。

畳(たたみ)の交換、表替え、価格等お気軽にお問合せください。京都の知恩院さんご用達の確かな技術で高品質の京畳をお届けいたします。

畳の良さを見直す

我々日本人は、畳に座ると安らいだ気持ちになります。絨毯などの上に座る様式はゆか座といい、生活様式として日本人の生活に昔から溶け込んだもので、それは京都においても同じことが言えます。その歴史は古く、優れた耐久性、快適性、空気の浄化作用、保温・遮断効果、安全性など、様々な効果があります。このような特徴から、高温多湿で四季の変化に富んだ日本の気候・風土に最適な敷物であるといわれています。最近では生活様式が多様化し、住まい方も大きく変わってきましたが、依然として畳志向は根強く続いています。ここで、もう一度、その素晴らしさを見直すために、主な特長をご紹介します。

最新情報


信頼の証

オリジナル畳干支(午)プレゼント

オリジナル畳干支プレゼント当ホームページにご意見・ご質問・お見積の方に右写真の当店主手作り畳干支丑を抽選でプレゼントします。


■プレゼントご応募はこちらまどうぞ。>>

 

京都のにしむらのサービス

畳に関して、どんなことでも京都の「にしむら」にご相談ください。また、それ以外でも住まいに関するどんな小さな仕事でも親切・丁寧にお受けさせていただきます。また、1クイックサービス(要予約)、2家具の移動を無料でサービスさせていただいております。


※クイックサービスとは、朝引きあげて(寸法とり)、夕方納品させていただくサービスです。

畳の健康診断受けてみませんか?

「カビ臭くないですか?」「ヘコミがありませんか?」「隙間はどうですか?」人間にとって健康診断が大切なように、畳のメンテナンスも大切です。一度、チェックしてみてください。お気軽にご相談ください。

全日畳品質管理認定工場


新調・表替の際、品質保証書をつけております

価格

会社概要

  • 【社名】: 株式会社 にしむら
  • 【所在地】:京都市右京区太秦安井松本町22番地
    • 三条通り天神川東入ル北側
    • 京福嵐山線「蚕ノ社駅」下車 徒歩4分
    • 市バス・京都バス「庚申前」下車すぐ

信頼の証し

  • 財)住宅保証機構 住宅瑕疵担保責任保険届出事業者 届出番号21030042
  • 一、二級技能士、二級建築士、施工管理士、増改築相談員等万全のスタッフ構成
  • TOTOリモデルクラブ会員 NO.3107-01
  • SECOM(セコム)代理店
  • ハウジング保証登録施工店 登録番号00040
  • 財)住宅保証機構 住宅瑕疵担保責任保険届出事業者 届出番号21030042

詳細はこちら